トーク


上映会情報
開催日 2024年5月11日(土)
時間 18:30〜20:30
(18:30〜受付開始 /  ※受付は会場内インフォメーションブースにて)
19:00〜20:30(上映会)
場所 岡崎公園 特設ステージ(左京区/平安神宮前)
料金 1500円/1名(中学生以上/小学生以下無料)
定員 50名(先着順)
注意 小雨決行 / 荒天中止
お申し込み お申し込みはPeatixページへ


【ドキュメンタリー映画】
「アリス・ウォータースが願う未来
『食べることは生きること 〜We Are What We Eat〜』」

予約の取れないレストラン「シェ・パニース」と、学校教育を変えた「エディブル・スクールヤード」の創始者、世界中の料理人と教育者に影響を与えてきた料理人であり思想家のアリス・ウォータース。

彼女が2023年秋に来日し、日本国内を旅してまわり日本各地の "地域を豊かにする食" と "生かしあう経済" に出会ってきました。

旅で見たもの、聞いたこと、味わったもの、気づいたことを余すところなく記録し、観る人の五感に響く映像を映画化。

その時、彼女は何を想い、何を語ったのか? その貴重な記録を公開します。










-------------------

アリス・ウォータースってどんな人?

映画の水先案内人となる、アリス・ウォータース氏は、「アメリカで最も予約が取れない」と言われたこともあるレストラン「シェ・パニース」のオーナーであり、世界中にスローフードを普及させて「おいしい革命」を引き起こした料理人です。

1971年にカリフォルニア州バークレーでレストランを開業し、地産地消、有機栽培、食の安全、ファーマーズマーケットなど、今や食のトレンドとなった重要なコンセプトを実践、それはスローフード革命として世界中に広がりました。



ライフワークの「エディブル・ スクールヤード(食育菜園)」は、学校の校庭で生徒が作物をともに育て、ともに調理し、ともに 食べ、生命(いのち)のつながりを学ぶという取り組みで、子どもたちの人間としての成長を促す機会となっています。この活動は「エディブル教育」に発展し、日本にも広がっています。





加速し過ぎた「ファスト」社会の中で、このままでは人も地球も消耗され、希望を抱きにくい社会を生み出し続ける --- アリス氏はそんな現代社会を憂いた上で、「でも、大丈夫。解決策は、私たち皆の中に、すでにあるのです」と、「スロー」を取り戻していく大切さを語ります。

シンプルな美しさ、季節ごとに違うこと、預かる責任、働く喜び、生かしあうつながり --- 今回の旅では、日本各地でアリス氏と共に、そんな大事な価値観を思い出すことができればと願っています。

開催内容
アースデイ・星空シネマでは、心地の良い春のこの季節に、屋外で皆で映画を楽しむ時間を共有しながら、私たちの暮らしや環境について学びを深めたいと思います。