2024年の最新情報をUP!

メイン開催

岡崎公園

5.11(土)・12(日)
(2日間)

サテライト開催

京都全域

4.20(土)〜5.12(日)
アースデイウィーク(23日間)




News

4/27(土) 地球研 市民セミナーを開催!

リンク

4/20(土) ブラジル・アマゾン先住民族ヤノマミ族のリーダーがオープニングイベントへ登壇決定!!

リンク

アースデイ レストラン開催決定!

リンク

4/20(土) 親子プログラム「親子で森を感じよう」を開催!

リンク

5/11(土) KYOTOGRAPHIE × アースデイ キッズパレード 開催!

リンク

ボランティアスタッフ募集中

リンク

世界的な彫刻家・西野康造氏の作品が岡崎公園に登場します

リンク

岡崎公園の出店受付を終了しました

リンク

出店区画 A地区(参道)の受付を終了しました

リンク

出店枠 各日ともに残り20枠となりました(岡崎公園)

リンク

令和6年能登半島緊急支援にご協力ください

リンク

出店募集を開始しました

リンク

アースデイ星空シネマ 『We Are What We Eat 〜未来につなぐおいしい解決策〜』

リンク

出店募集ページをアップしました(※申込は1月5日〜)

リンク

アースデイ星空シネマ 2024 開催決定!

リンク

YOGA NATURE 2024 開催決定!

リンク

1月5日(金)から出店・出展の募集を開始します

リンク

一杯のコーヒーからはじまる持続可能な暮らし

リンク

アースデイ in 京都 2024年 開催日決定!!

リンク


メイン会場 : 岡崎公園(京都市左京区)
開催日:5/11(土)・5/12(日)

2024年もメイン会場は「岡崎公園」です。5月11日(土)・12日(日)の2日間、岡崎公園にマーケットやワークショップなど各日約100ブースが並びます。


【 サテライト会場 】

期間:2024.4.20(土)〜5.12(日)
(アースデイウィーク:23日間)

2024年も京都府全域の「サテライト会場」では、各企業・店舗・団体等による様々な「アースデイ」が行われています。各会場では魅力的な企画やコンテンツが目白押しです。各サテライト会場を巡ってみましょう!


アリス・ウォータースが願う未来
『We Are What We Eat -未来につなぐおいしい解決策-』

開催日時:5.11(土) 18:00〜(受付開始/予定)
場 所:岡崎公園 野外特設ステージ

2024年も『アースデイ in 京都 @ 岡崎公園』にて、野外上映会「アースデイ星空シネマ」を実施します。2024年の上映作品は「アリス・ウォータースが願う未来 『We Are What We Eat -未来につなぐおいしい解決策-』」 に決定しました!


YOGA NATURE KYOTO 2024

開催日時:5/11(土)・5/12(日)
場 所:岡崎公園内 芝生エリア

京都・三条寺町にあるヨガスタジオ「TAMISA」さんとのコラボ企画として、2024年も岡崎公園の芝生エリアで「YOGA NATURE KYOTO」の開催が決定しました。5月11日(土)・12日(日)の両日ともに青空の下でヨガを行います。初めての方から経験者の方まで誰でも楽しめるヨガクラスを行います。


アースデイ 絵本交換会

開催日時:5.11(土) 12時〜16時 / 12日(日) 11時〜15時
場 所:岡崎公園内 インフォブース横

読まなくなった絵本をお持ちください。気に入った本と無料で交換できます。ブースでは自由に絵本をよむこともできます♫


KYOTOGRAPHIEキッズパレード

開催日時:5.11(土) 14:00〜
場 所:岡崎公園内 参道エリア南端出発

今年もKYOTOGRAPHIE × アースデイ in 京都がコラボレーションして、子どもたち&若者の環境意識を高めることを目指した「キッズパレード」を行います。ぜひご参加ください。


キョウト・クラフトビア・エキスポ

開催日時:5.11(土)・12(日)
場 所:岡崎公園内 参道エリア

地産地消をテーマに、京都の地ビール醸造所が集結する「キョウト・クラフトビア・エキスポ」が今年も開催決定。京都府下で多くの人に愛されるクラフトビール各社が集い、それぞれの想いやこだわりとともに京都の魅力を発信します。京都生まれ京都育ちのビールをお楽しみください(未成年の飲酒はできません)。

親子プログラム「親子で森を感じよう」

開催日時:4.20(土) 9時30分〜12時30分
場 所:法然院 森のセンター(左京区)

大文字山麓の自然豊かな森をフィールドソサイエティのガイドさんとともに探検します。リスやモモンガの棲む森で春の自然を観察してみましょう


後 援

 京都市 / 京都新聞

 
協 賛