News


 

一杯のコーヒーからはじまる
サスティナブルライフ

みなさんは普段コーヒーを飲みますか?
いつもどんなコーヒーを飲んでいますか?

普段、何気なく飲んでいるコーヒーを少し意識して選ぶことで、
持続可能な社会へと繋がる一歩になっていきます。

1、コーヒー生産国の農家さんの暮らしが改善される
2、インドネシアのオランウータンの森が守られる
3、持続可能な有機コーヒー栽培の環境が広まる
4、北米~中南米の渡り鳥が休息する森が守られる
5、音楽とバラで途上国の子供たちに笑顔が増える
6、コーヒーの生産地の女性を救う活動を支援できる
7、まだまだたくさんの良いことがあります

 

—————
 

「一杯のコーヒーからできること」

【① フェアトレード】
コーヒー生産地との「公平な貿易」

コーヒーの生産国のほとんどは、いわゆる開発途上国といわれる国々です。コーヒー豆の価格は国際市場で決められているため、業者との交渉の手だてを持たない立場の弱い生産者は、時として生産コストを下回る価格で売らざるを得ない状況に追い込まれてしまうことも。そんな状況を防ぐために、単に市場価格で買い付けるのではなく、農家の生活が成り立つように考慮したフェア(公正)な価格で輸入・消費する貿易のしくみがフェアトレードです。

「小川珈琲」は、2003年に国際フェアトレード認証ラベル商品の製造ライセンスを取得。2004年から国際フェアトレード認証コーヒーの販売を始めました。

小川珈琲の「フェアトレードコーヒー」を飲むことが、発展途上国のコーヒー農家さんの暮らしの支えに繋がっています。

世界フェアトレード・デー(5月の第2土曜)にちなんで毎年5月をフェアトレード月間とし、小川珈琲直営店にて特別メニューの提供や国際フェアトレード認証コーヒーの販売も行っています。

 

フェアトレード・ラベル・ジャパン公式サイト
https://www.fairtrade-jp.org

 


 

【② バードフレンドリーR認証コーヒー】
渡り鳥が休息する森を守るプログラム

伝統的なコーヒー栽培はシェードグロウン(木陰栽培)と呼ばれる自然林に近い環境で行われ、渡り鳥はその森林を休息場所とし、そこに生息する昆虫などを餌としてきました。しかし、近年になって低コスト化を図るため森林を切り開き、収穫を機械で行うコーヒー農園が増え自然環境が失われたことによって、渡り鳥が減少していることがわかりました。そこで、スミソニアン渡り鳥センターは自然の森林に近い環境の農園を維持するために、1999年に認証基準を設定。認証を受けた農園のコーヒー豆をプレミアム価格で買い取ることで、生産農家を支援しながら渡り鳥を守るバードフレンドリー®認証プログラムを創設しました。

この活動に共感した「小川珈琲」は、2005年に日本で初めて「バードフレンドリー®認証コーヒー」の販売をスタート。森の中でゆっくりと育つコーヒー豆は品質も良く、防風や直射日光の緩和効果があるシェードグロウンによる持続可能な農園づくりにも役立っています。その味わいを通して自然環境の大切さをお客さまに伝えていきたいと考えています。

小川珈琲の「バードフレンドリーR認証コーヒー」を飲むことで、北米・中南米の森林保護や渡り鳥の保護に繋がっています。

 

バードフレンドリー®コーヒー公式サイト
https://bird-friendly-coffee.jp

 


 

【③ 有機JAS認証コーヒー】
環境にやさしい有機栽培の促進

有機コーヒーは、化学的に合成された農薬や肥料、遺伝子組換えなどに頼らず、自然の力を精一杯活かして育てられています。土壌など環境への負担が軽減させる、農園で働く生産者にもやさしい農業の方法です。小川珈琲では2001年に京都工場で有機JAS認証を取得。美味しいコーヒーを皆様にお届けするために、有機コーヒーの販売を通して、持続可能なコーヒー栽培の環境づくりにも取り組んでいます。

 

農林水産省 有機食品の検査認証制度
https://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html

 


 

【④ オランウータンコーヒー】
コーヒーのプロとつくる「森の人」とヒトのコーヒー


アジアで最大規模の低地熱帯雨林を有し、世界で最も生物多様性を持つ国といわれているインドネシア。しかし、森林火災や違法伐採などによって年々、熱帯雨林が減少。それに伴い熱帯雨林を住処とするスマトラオランウータン・タパヌリオランウータンの数も減少し、今や絶滅危惧種に指定されています。

オランウータンコーヒープロジェクトの目的は、多くの人々を魅了する高品質なコーヒーの生産を通して、オランウータンが生息する自然環境の保護や、現地のコーヒー生産者の生活を豊かにしていくこと。同プロジェクトでは生産地の環境整備をサポートするだけでなく、保護活動団体「PanEco」と生産者に生豆の売り上げから寄付を行い、還元することでオランウータンと環境を守る活動を支援しています。

小川珈琲では、2017年にアジアで初めてオランウータンコーヒーの発売をスタート。「インドネシア スマトラ オランウータンコーヒー」の名で、「一杯のコーヒーからできること」をかたちにすることにしました。オランウータン、コーヒー生産者、コーヒーを愛する人たち、そして何よりも地球のために。オランウータンコーヒーには、たくさんの人のそんな思いが詰まっています。

ORANG UTAN COFFEE公式サイト
https://orangutan.coffee

 


 

【⑤ ONE OF LOVE PROJECT】
音楽とバラで途上国の子供たちに笑顔を


「One of Loveプロジェクト」とは、音楽とバラで途上国の子供たちの教育環境や、その母親である働く女性たちの雇用整備の向上を目指す支援活動のこと。このプロジェクトは、パーカッショニストの斉藤ノヴさんと夏木マリさんが「途上国の子供たちに音楽を届ける」旅に出かけたことがきっかけで始まりました。

エチオピアやバングラデシュといった旅先で二人が出会ったのは、過酷な環境下で生活をしながらも笑顔を絶やすことなく懸命に生きる子供たち。彼らの健やかな成長のために、少しでも助けになりたい。そう考えた二人は、2009年に「One of Loveプロジェクト」を発足。毎年6月21日の「世界音楽の日」に合わせて開催するギグと、オリジナルローズ「マリルージュ」(毎月21日は「マリルージュの日」)の販売収益を途上国に寄付する活動を続けています。過去には、その支援金によってエチオピアのバラ農園にパソコン訓練プログラムを設置。支援金は学校の制服や教科書を購入・配布する費用としても使われてきました。

エチオピアといえば、コーヒー発祥の地。もちろん、現在も世界有数のコーヒーの産地として知られています。そんなエチオピアは、小川珈琲にとって遠いようで近い存在。「私たちにも何かできることはないか?」。そんな思いから小川珈琲は「One of Loveプロジェクト」を支援する活動を始めました。

毎月21日の「マリルージュの日」には、数量限定コーヒーを頼まれたお客さまに真紅のバラ「マリルージュ」が描かれた京焼・清水焼のカップでコーヒーをご提供(小川珈琲本店、京都三条店、OGAWA COFFEE 京都店のみ)。先着10名のお客さまに「マリルージュ」の花をプレゼントしています。少しでも多くの人にプロジェクトを知ってもらうために。これからも私たちはコーヒーを通して、私たちにできることを考えていきたいと思います。

One of Loveプロジェクト公式サイト
https://www.oneoflove.org

 


 

【⑥ GROUNDS FOR HEALTH】
コーヒーの生産地の女性を救う活動団体への支援

 

コーヒー豆の作り手である生産国は、経済格差をはじめとする様々な問題を抱えています。世界では約1億2,500万の人々がコーヒー生産に関わっており、さらにその7割は女性です。そうした現状を踏まえ、生産者の生活を守り、安定したコーヒーの生産に貢献したいという思いから、小川珈琲では生産国の支援活動にも力を入れています。

そのひとつが、アメリカの非営利団体「Grounds for Health」(グラウンズ フォー ヘルス)への支援です。グラウンズ フォー ヘルスとは、主にエチオピアとケニアで、現地医療機関スタッフが中心となり、コーヒー生産国の女性の健康促進、特に子宮頸がんの早期発見・治療を目的とした活動を行っている団体です。具体的にはコーヒー生産国で子宮頸がん検診キャンペーンを実施しているほか、現地スタッフへの知識譲渡やトレーニングを通じて、現地の医療従事者が自ら活動を続けられるよう教育にも力を入れています。

小川珈琲では、2009年よりグラウンズ フォー ヘルスを支援するキャンペーンを実施。多くのお客さまにご協力いただきながら、その売り上げの一部を同団体に寄付する活動を続けてきました。私たちの願いは、この活動の支援を通じて、病気の早期発見を促し、ひとりでも多くの人の命を救うこと。これからも私たちは「一杯のコーヒーからできること」を大切に、生産者に寄り添う企業であり続けたいと思います。

Grounds for Health公式サイト
https://groundsforhealth.org/

 



 

【“100年先も続く店” 小川珈琲 堺町錦店】

「小川珈琲」が長年にわたって取り組んできた、サステナブルな活動を体現する場として、2022年にオープンした「小川珈琲 堺町錦店」。コンセプトは、“100年先も続く店”。古都の趣と長い歴史を湛える京町家に、これからどんな珈琲文化を刻み、未来へ繋げていくのか。その試みを7つの視点で紐解きます。

上/建物の半ばにある中庭。日の光や風を取り入れる役割も持つ。 下左/様々な植物が共存するビオトープ作品『OYAMA(IWAO)』 下右/奥庭の木の器は、昭和初期、日本の農家で使用されていたもの。

 

01. 季節によって趣を変える、京都らしい坪庭

築100年以上の京町家を改装した「小川珈琲 堺町錦店」。表通りに面した間口が狭く、建物が奥に向かって延びている“うなぎの寝床”と呼ばれる造りで、多くの京町家がそうであるように、この店にも、2つの坪庭があります。中庭には、静岡の天城山産の軽石に少量の土をのせ、日本に自生する植物を中心に、合計33種類の植物を植えた作品、奥庭には、昭和初期の飼い葉桶(かいばおけ)に30種類の植物を植えた作品が。ともに、さまざまな場で花と植物の生命力を表現するボタニカル アレンジメンツ 「TSUBAKI」が手がけたビオトープ。木々はゆっくりとした速度で成長し、苔もゆっくりと張り巡らされていく。長く時が経つ中で生育の良いものもあれば、中には淘汰される植物もあるという。この先、どんな風に姿を変えていくのか、見守りたくなる空間です。

上/季節のフルーツサンドイッチ。トンカ豆で風味をつけた、自家製バタークリームと旬のマスカットをサンド。下/自家製食パンに添えられた餡子や糀バターは京都産。

 

02. 旬と京都産にこだわった食材

提供するフードメニューは、季節を感じられる旬の食材を使うこと、京都産の食材を使う“地産地消”を心掛けています。季節のフルーツサンドイッチは、自社工房で作った、トンカ豆の香るバタークリームと、いちごやマスカットといった旬のフルーツを、薄くスライスした自家製食パンでサンドしました。色鮮やかな断面で、お土産にされる方も多いメニューです。他に、現代美術家の米谷健さんとジュリアさんが育てた京都産丹波大納言で作った餡子や、牧草のみで飼育された牛から摂れるグラスフェッドバターに、京都「佐々木酒造」の米糀をミックスして作った糀バターなども。地産地消だけでなく、地元食材の新たな可能性も提案していきます。

コーヒーの個性を引き出し、クリアな味わいに仕上げられるネルドリップ。抽出に熟練した技術が必要。ブルキナファソ産のオーガニックコットンを使ったネルは、洗うことで繰り返し使えます。

 

03. 日本の喫茶文化を象徴するネルドリップ

店作りを通して、“日本の喫茶文化を再定義”することで、辿りついたのがネルドリップ。昔ながらの喫茶店で行われてきた手法で、抽出したコーヒーは、濃くてマイルド、そして滑らかな質感が特徴です。また、器具が繰り返し使えることにも注目しました。「小川珈琲 堺町錦店」では、GOTS 認証* を取得したオーガニックコットンをフィルター部に使い、岡山の真鍮作家、Lue(ルー)がハンドルを手がけたオリジナルのネルドリッパーを開発。環境への配慮と、本物の味わいの両立を実現しました。

*GOTS(Global Organic Textile Standard)認証とは、オーガニックのコットン、ウール、麻、絹などの原料から環境的・社会的に配慮した方法で製品をつくるための国際基準です。

保存缶のアートワークは、“見えざる土地”をコンセプトに、個性を育んできた“地層”をイメージ化。水彩絵具に煮出した珈琲を混ぜた、深みのある色彩が美しい。「GRANCA」は、HOUSE BLEND 011(DARK)、HOUSE BLEND 010(MEDIUM)、GUATEMALA(DARK / MEDIUM)、ETHIOPIA(DARK / MEDIUM)、INDONESIA(DARK / MEDIUM)、5種のブレンドと焙煎のバリエーション3種を加えた全8種類。

 

04. エシカルコーヒーブランド「GRANCA(グランカ)」

「小川珈琲 堺町錦店」で提供される「GRANCA」は、同店のオリジナルブランド。8種からなるそのラインアップは、すべて、有機JAS認証や国際フェアトレード認証といった認証を取得したエシカルコーヒーです。珈琲づくりの基盤である地球環境や生産者の暮らしの一助となるエシカルコーヒーだけを提供するのは、コンセプトである“100年先も続く店”を本気で目指して出した答え。「小川珈琲 堺町錦店」では、「GRANCA」を低温(88°C)でネルドリップすることで、旨味を引き出し、濃くてマイルドな味わいに仕上げています。

上/800 年以上の歴史がある京都・綾部の黒谷和紙を使った、和紙職人・ハタノワタルの作品。下左/画家として絵画制作の傍ら、植物による空間づくり手がける野田幸江によるもの。 下右/富山県に自身の工房を構え、第一線で活躍するガラス作家、ピーター・アイビーのキャニスター。1階のバールのライトカプセルも同氏のデザイン。

 

05. 京町家を彩る、コンテンポラリーなアート&クラフト

築100年を超える町家を蘇らせるにあたり、クリエイティブディレクター・南貴之氏とインテリアデザイナー・佐々木一也氏が目指したのは、建物の歴史と記憶を受け継ぎながら、100年先も通じる普遍的な美しさと機能性を兼ね備えた店を作ること。吹き抜けのエントランス、木材と調和するモルタルの壁といったモダンな要素のほか、作り手の温もりが感じられる、洗練されたアート&クラフトを配することで、伝統的な町家に新しい息吹を吹き込み、日本古来の美意識とコンテンポラリーな感覚が折衷した懐かしくも新しい空間を誕生させました。

上/右が京都産小麦100%の食パン。左は京都産小麦に、水和させた全粒粉、蜂蜜を加えることで保湿性を持たせ、 食べやすくも個性的な味わいに仕上げた全粒粉食パン。下左/原材料の京小麦。下右/トーストは、高温の炭火オーブンを使い、短時間でしっとりと焼き上げます。

 

06. 京都産小麦から生まれた食パン

「コーヒーに合う食材は何だろう」。そう考えて、真っ先に思いついたのがパンでした。“地産地消”を目指し、京都産小麦100%の食パン作りに挑戦しました。タンパク質の含有量が少なく、食パン作りには向いていないと思われていた京都産小麦を使い「100年先も食べ飽きない、毎日食べられる食パン」の実現を監修したのは、京都を代表する本格派フレンチスタイルのブーランジェリー「ル・プチメック」の創業者、西山逸成氏。原料と真摯に向き合い、試行錯誤を重ねた結果、従来の食パンとは異なる独自レシピを開発。砂糖やバター、脱脂粉乳などを無くしたシンプルな食パンは、京都産小麦特有の香り、個性を存分に感じられます。

上/自家製コーヒーゼリー。黒糖シロップをかけていただきます。下左/昔ながらの少しかための自家製プリン。下右/喫茶店で古く慣れ親しまれてきた定番的なフードメニューを際立たせる、ネーム入りの白い皿。

 

07.古き良き「喫茶店」の面影

エシカルコーヒーに加え、「小川珈琲 堺町錦店」のもうひとつのテーマは、“古き良き日本の喫茶店文化の再構築”。「株式会社シェルシュ」代表の丸山智博氏監修のもと、古くから慣れ親しまれてきた喫茶メニューのブラッシュアップに取り組みました。例えば、自家製コーヒーゼリーは、ロックグラスにシルバーの食器、レースペーパーを合わせています。まさに昔ながらのルックスですが、オーガニックアイスコーヒーを使用した無糖コーヒーゼリーの下に、「京菓子司 俵屋吉富」のこしあんにエスプレッソを加えた珈琲水羊羹を合わせるなど、新鮮な試みを潜ませています。

 

【infomation】
小川珈琲 堺町錦店
住所:京都府京都市中京区堺町通錦小路上る菊屋町 519-1
電話番号:075-748-1699
営業時間:7:00-20:00(L.O.19:30)
URL:https://www.oc-ogawa.co.jp/nishiki
Instagram:@ogawacoffee_nishiki